こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

今回は薬を飲んでいないと痛い坐骨神経痛の臨床報告です。

 

坐骨神経痛の経緯

 

40代 女性 坐骨神経痛

2ヶ月前くらいから右のお尻から右のアキレス腱にかけて痛みがあり、3週間前から我慢できなくなり整形外科でみてもらうも、根本的に良くしたいと当院に来院されました。

薬を飲んでいないと常時痛みがあり、飲んでいると痛みはあるも動ける状態でした。

特に朝起きてから薬が効くまで辛いとのことでした。

当院のホームページを検索し来院されました。

 

身体の状態

 

身体の状態を確認させていただくと

薬が効いている状態で前に屈む動作で痛みがありました。

股関節の動きにも硬さがありました。

さらに坐骨神経痛のため身体全体の緊張が強く出ていました。

身体全体の緊張により坐骨神経痛も強く出ていました。

 

この方の場合は股関節の硬さ、痛みがあることで身体が緊張し、さらに痛みが増している状態でした。

 

坐骨神経痛をしっかりと良くしていくには複数回の通院が必要です。

初回の施術前に検査、身体の状態、施術計画を説明し納得いただいてから施術をはじめさせていただきました。

 

施術経過

 

1回目

身体の緊張が取れるよう腹部の調整。前屈が楽にできるようになる。

2回目~3回目

週2回の通院。腹部の調整。薬を飲んでいる状態では痛みを感じなくなる

4回目~7回目

週2回の通院。腹部の調整、身体のバランスの調整。薬を飲んで時間が経った状態でも痛みが軽減する

8回目

週1回の通院。身体のバランスの調整。この1週間薬を飲まなくても痛みがなくなる。

 

その後2週間に1回のメンテナンス。

 

坐骨神経痛も良くなり朝起きてからも楽になられたようです。

坐骨神経痛を引き起こす身体の負担は知らず知らずのうちに日常生活の心身の負荷が積み重なり表れてきます。

長時間の同じ姿勢、繰り返しの同じ動作、食事、睡眠、ストレスなど様々なことが影響します。

 

負担がかかったまま、そのままにしてしまうと再発しやすくなります。

その後も予防していくにはメンテナンスも大切です。

 

まとめ

 

今回は薬を飲んでいないと痛い坐骨神経痛の臨床報告をさせていただきました。

良くなるペースは人により違いますが、参考にしていただけたらと思います。

坐骨神経痛でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

≪免責事項≫

この記事は個人の感想であり、効果、効能を保証するものではありません。


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方