こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

当院では膝のお悩みで来院される方が多いです。

そんな時、「膝の水を抜くとクセになるの?」と質問されることがあります。

今回はそんな膝に溜まる水についてのお話をさせていただきます。

 

膝の水とは

この膝や関節に溜まる水というのは関節液と言い、普段の膝に問題のない状態から膝関節の中にあるものです。

関節液にも役割があり、関節がスムーズに動くための潤滑油としての働き、膝関節の軟骨に栄養を送る働きを担っています。

関節の軟骨には血管がないため関節液から栄養を補給しています。

 

なぜ水が溜まるのか

関節液が関節の中に、余計にあるのが水が溜まっている状態になります。

なぜ水が過剰にたまってしまうのかと言いますと、

膝関節に負担がかかり膝関節を包んでいる滑膜という薄い膜に炎症が起きるからです。

この滑膜が関節液を作っているのですが、膝の負担が積み重なり炎症が起きると、炎症を抑えようとして関節液の量を増やします。

このようにして関節液が作り出され水が溜まった状態になります。

 

水を抜くとクセになる?

水は関節の炎症が原因で溜まります。

水を抜いても炎症が治まっていなければ、溜まってしまいます。

炎症が良くならない時期に何度も水を抜くことで、クセになると言われているのです。

しっかりと膝関節の炎症を抑えることが大切です。

 

対処法

安静が重要になります。

炎症が起きているので安静にして膝に負担がかからないようにします。

 

アイシングなどで冷やすことで炎症を抑えます。

水が溜まっている場合は炎症が起き熱を持っています。

氷で10分ほど冷やしてみてください。

 

まとめ

膝に水が溜まっている場合は炎症が起きています。

運動、仕事など膝に負担がかかり過ぎた場合などに引き起こします。

膝の状態を良くしていき炎症を抑えていくことが必要です。

 

また当院でも膝が痛い、水が溜まった方も来院されています。

当院では膝にかかる負荷が軽くなるよう、膝や股関節、足首、腰などのバランスをみながら施術を行っていきます。

炎症の程度によっては、テーピングを使い固定し安静な環境を作っていきます。

そうすることで膝の回復を促します。

歩くと膝が痛いとお悩みの方

お気軽にご相談ください。

 


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方