こんにちは。座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

皆様はどんな体勢で寝ているでしょうか?

腰痛の方の中には朝起きると痛い、寝るだけでも痛いとお悩みの方もいらっしゃると思います。

今回は腰痛の方、腰痛になりたくない方に腰痛に良い寝方をご紹介していきます。

 

 

腰痛に良い寝方

 

1 仰向け

仰向けで寝る場合は膝を立てて寝ることで腰の負担を軽減することができます。

写真のようにタオル、タオルケット、座布団、クッションなどを丸めて膝の下に入れます。

仰向けで膝を伸ばした状態で寝ると、太ももの前側~骨盤、背骨のおなか側についている筋肉(腸腰筋、大腿四頭筋)が腰を引っ張てしまい、腰に痛みを感じやすくなってしまいます。

膝を立てると太ももの前側~骨盤、背骨のおなか側についている筋肉の緊張が緩み腰の負担が軽減されます。

寝るだけで痛むや朝起きた時の痛みが予防できます。

2 横向き

横向きになり膝を曲げて寝ます。

もし左右で腰の痛みに差がある場合は痛い方を上にして寝ます。

横向きの状態も太ももの前側~骨盤、背骨のおなか側についている筋肉の緊張が緩まり腰の負担が減ります。

さらに横向きの状態で膝の間に枕や抱き枕などを入れて挟んでも効果的です。

 

腰痛に良くない寝方

うつ伏せで寝る方もいらっしゃると思いますが、腰痛がある方は避けていただきたい寝方です。

うつ伏せの状態は腰が反る形になります。

腰が反った状態で長時間すごすことは腰の負担が大きく痛みやすくなります。

 

寝返り

睡眠中に寝返りが少ないことも腰痛の引き金になります。

寝返りが少ない場合は長時間、身体を動かさないことになり、同じ姿勢、同じ箇所に体重がかかり続けてしまいます。

そうすると血流が悪くなり腰痛へと繋がっていきます。

 

柔らかすぎるマットレス、合わない枕などは寝返りを妨げます。

柔らかいと体が沈み寝返りがしづらくなります。

硬めのマットレスの方が寝返りが打ちやすくなり、腰の負担は少なくなります。

新しいマットレスに変えて腰痛が良くなる場合もあります。

枕の合わせ方に関しましては以前のブログに記載していますので下記のリンクよりご覧ください。

枕の合わせ方はこちら

 

まとめ

腰痛を抱えている方は寝方により痛みが増したり、ぐっすり寝られないことで疲労が蓄積され腰痛が長引いたりすることもあります。

ぜひ寝る際の姿勢を気を付けてみてください。

快適な睡眠、スッキリと朝を迎えていただけたらと思います。

 

当院では寝るだけ痛い、朝起きると腰が痛むとお悩みで来院される方もいらっしゃいます。

寝る体勢やマットレスなど変えてみても、朝起きた際の腰痛がある場合は当院へお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方