こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

立っている時間が長くて腰が痛むという方も多いのではないでしょうか?

今回は立ちながらできる腰痛予防のストレッチのご紹介です。

 

なぜ立ち仕事で腰が痛くなるのか?

 

立ち仕事や立つ時間が長い方の腰痛を起こす要因は長時間の同じ姿勢になってしまうからです。

身体には常に重力がかかっています。

立っているなどの同じ姿勢をしていると立っている姿勢をキープするために同じ筋肉に負担がかかります。

そうすることにより疲労の蓄積、血流が悪くなり腰痛を引き起こします。

 

立っている姿勢では腰、お尻、もも、ふくらはぎ、足の裏の筋肉を使い立っています。

立ち仕事でこれらの筋肉に負荷がかかり疲労が蓄積されます。

疲労が溜まり、筋肉が硬くなり腰痛になっていきます。

 

 

立ちながらできるストレッチ

 

腰痛を防ぐにはももの筋肉、お尻の筋肉のストレッチが有効です。

 

・立ちながらももの裏側を伸ばす

1 左足を伸ばす場合は右足が前に来るように足をクロスさせます。

 

2 1の状態から身体を前に倒します。

このように行うと後ろにある左足のもも裏側の筋肉が伸びます。

左右30秒ずつ行ってください。

 

 

・立ちながらももの前側を伸ばす

 

1 体支えるため壁に手をつきます。

 

2 左足を伸ばす場合、左の足の甲を持ち、かかとをお尻にくっつくように膝を曲げます。

このように行うとももの前側の筋肉が伸びてきます。

左右30秒ずつ行ってください。

 

 

・立ちながらお尻の外側の筋肉を伸ばす

 

1 つま先をまっすぐにし、肩幅くらいに立ちます。両手を腰に添えます。背筋を伸ばします。

 

2 左側を伸ばす場合、右手で腰を左へ押します。左腰を外へ押し出すようにします。

このように行うとお尻の外側が伸びます。

左右30秒ずつ行ってください。

 

 

 

こまめにストレッチをすることで腰痛を予防することができます。

長時間の立ち姿勢を防ぐために可能であれば30分~1時間で身体を動かしてみてください。

その際に今回ご紹介したストレッチをぜひやってみてください。

 

※どのストレッチも気持ちよく伸びるくらいの強さで行ってください。

腰が痛くなる場合は中止してください。

 

 

まとめ

 

腰痛の方は、長時間の立ち仕事で腰に負担がかかります。

ぜひ今回のストレッチで予防をしてみてください。

 

当院では立ち仕事で腰が痛い、長時間立っていると腰が痛いとお悩みの方もいらっしゃっています。

ストレッチをやってみても腰痛がある方はお気軽にご相談ください。


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方