こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

夏になり暑くなってくると冷房を使うことが多くなるかと思います。

冷房で冷えて腰が痛いという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は冷房での腰痛対策についてお話させていただきます。

 

なぜ冷房で腰が痛くなるのか

体は夏、暑くなると体内での発熱を抑え、熱を体の外へ逃がしやすい体質に変わっていきます。

毛細血管を広げ熱を外に逃がしやすくし、汗をかき体温を下げるよう体温調節をしています。

その夏に合わせた体の状態で冷房の効いている冷えた室内にいても、血管は縮みにくく(血管が縮むと熱が逃げづらくなる)体の中の熱が外に逃げてしまうため、体は冷えてしまいます。

この体の体温調節を行っているのは自律神経と言い、血管の拡張や発汗などを調節しています。

室内と屋外での激しい温度差を行き来することにより自律神経の働きが乱れてしまいます。

自律神経の働きが乱れ体が冷えやすくなってしまうのです。

そうすることで血流も悪くなり腰の痛みが表れてきます

この冷房での冷えで腰痛以外のだるさ、肩こり、むくみなど様々な体調不良を出てくることもあります。

 

冷房での腰痛対策

 

・冷房の温度設定

室外との気温差は5℃までが理想とされています。

もし5℃までが難しければいつもより1℃高くするなどの設定をしてみてください。

風が良く当たる場所でしたら風向きを変えてみても冷え方が変わってきます。

 

・着るもの

脱いだり着たりと調節しやすい服装やブランケット、ひざ掛け、腹巻などを使うことでも冷えを対策することができます。

 

・飲み物、食べ物

体の中から温めることも大切です。

冷房がある所では温かいものを飲むことでも冷えの対策になります。

体を温めるものを積極的に食べることも効果的です。

冬に旬、寒い地域で育ち獲れる食材、土の中で育つ食材、発酵食品、

生姜、にんにく、たまねぎ、ねぎ、鶏肉、えびなどが体を温める食材と言われています。

 

・入浴

シャワーで済ませる方は、できる範囲で湯船に浸かることでも全身の血流が良くなるので腰や体が温まります。

 

・運動

夏になると暑くなるので体を動かさなくなる方も増えます。

朝や夕方など比較的涼しい時間にウォーキングなど軽めの運動をすることも有効です。

 

まとめ

冷房があり夏も涼しく快適に生活を送ることができますが、室内と室外の気温差が激しくなってくると腰痛の引き金にもなります。

熱中症対策を行いつつ、冷房や暑い夏と上手に付き合っていただけたらと思います。

是非ご参考にしてみてください。

 


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方