こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

食器洗いをしていると腰が痛むとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は食器洗いで腰が痛む場合の腰痛対策のお話です。

 

なぜ食器洗いで腰が痛くなるのか?

 

・シンクの高さ

シンクの高さが低いと前かがみになり、腰への負担がかかりやすくなります。

古いものですと、低めに作られており、新しいものでも背の高い人にとっては低くなってしまいます。

使いやすいキッチンの高さは「身長(㎝)÷2+5㎝」と言われています。

実際には腕の長さは人により違うため、肘の高さからキッチンまでマイナス10㎝~15㎝くらいが良いとされています。

 

・同じ姿勢

食器洗いの時、手は動きますが、身体は同じ姿勢になります。

同じ姿勢を続けていると、姿勢をキープするために同じ筋肉に負担が蓄積されます。

腰の筋肉に疲労が溜まり腰痛を引き起こします。

また動かさないことで、血流も悪くなり腰に痛みを感じやすくなります。

 

対処法

 

・足を広げて立つ

シンクが低い場合は足を広げて立つことで腕の位置が低くなり、腰を前にかがめずに食器洗いをすることができます。

 

・片足を台の上にのせる

両足をそろえた状態で腰をかがめると負担が大きくなりますが、片足を前に出し、前に出した方の足を台にのせて食器を洗うことで腰痛の予防になります。

台をのせる足は、左右変えながらのせてみて下さい。

足をのせる台の高さは10㎝~20㎝くらいのもで雑誌などでも大丈夫です。

 

・足を前後にして立つ

足を前後にして立つことでも腰痛の予防になります。

疲れましたら左右変えながら行ってみて下さい。

 

まとめ

 

今回は食器洗いでの腰痛対策をご紹介させていただきました。

ぜひこちらの内容を参考にしていただいて、日々の生活を快適に過ごしていただけたらと思います。

当院では食器洗い際の腰痛でお悩みの方もいらっしゃっています。

もし今回の内容をやってみても腰が痛いとお悩みでしたら座間市さがみ野のみんなの整骨院へご相談ください。

 

みんなの整骨院 ホームページ https://minnano-seitai.com/


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

ご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方