こんにちは。

座間市さがみ野のみんなの整骨院院長の皆川です。

 

現在、新型コロナウィルスの影響により、会社には行かず在宅勤務をされている方も多いのではないでしょうか?

テレワークで腰が痛むようになったとおっしゃる方も増えています。

今回はテレワークでの腰痛対策をご紹介していきます。

 

なぜテレワークで腰が痛くなるのか?

 

・在宅勤務でのデスクの環境

自宅ではデスク周辺が会社のように整っていないことです。

長時間のデスクワークに向いた機能的な椅子があり、自分の体に高さを合わせやすくなっています。

デスクもパソコンを使いやすいような環境が整っています。

自宅ではリビングのテーブルや椅子、低いテーブルであぐらなど長時間デスクワークするには適さない環境での仕事になっています。

そうすることで負担の大きい座り方での作業になり腰痛になってしまうのです。

 

・運動不足

通勤している際は自宅から駅まで、駅から会社まで歩いていて少しでも体を動かしています

しかし、在宅勤務になると家から一歩も出なくなったという方もいらっしゃるようで、ほとんど体を動かさなくなってしまいます。

このように運動不足になり腰痛が出ている方もいらっしゃいます。

 

テレワークでの腰痛対策

 

・デスクワーク環境の見直し

机や椅子を変えられる場合はデスクワーク向けのものを用意していただけたらと思います。

またパソコンや机、椅子の高さが調節できるものを使っている場合は、
〇ディスプレイは顔を前に向けた時、目線がディスプレイの一番上にくる高さ、
〇机の高さは作業する姿勢で肩から肘までを机から垂直にし、肘を90度くらいに曲げた際に無理せずキーボードに手が届くくらいが理想ととされています。

また仕事で使う場所を整理整頓するだけでも作業がしやすくなり腰への負担は軽減されます。

・座り方

写真のように丸めたタオルをお尻の後ろ半分に敷いて座る。

丸めたタオルをお尻の後ろ半分のところに敷くことで、腰が後ろに傾きずらくなり、腰の負担が軽くなります。

・30分から1時間に1回動くようにする

同じ姿勢をしている状態では、同じ筋肉を使い続けることになります。

姿勢を変えたり、休憩をとって、トイレ、水分補給などで動くだけでも腰痛の予防になります。

 

まとめ

在宅勤務になり腰が痛くなったという方の来院が増えています。

今後、テレワークの期間が続いていくこともあるかと思います。

今回のテレワークの腰痛対策をぜひ参考にしてみてください。

 

 


The following two tabs change content below.
皆川 康広(みながわ やすひろ)

皆川 康広(みながわ やすひろ)

みんなの整骨院 院長。ほとんどの治療院では、痛たみの出ているところに焦点をあて、痛みの原因がどこから来ているか特定できていないことが多いです。 当院では詳しくお話を聞き、身体の動作、歪みを確認し、痛みの原因を特定していきます。 原因にアプローチし痛みや辛い症状を一緒に改善していきましょう。
皆川 康広(みながわ やすひろ)

最新記事 by 皆川 康広(みながわ やすひろ) (全て見る)

※効果には個人差があります

みんなの整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
みんなの整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 046-240-8852 受付:10:00~20:00 ※土曜10:00~15:00
休業:日曜、祝日
住所:神奈川県座間市さがみ野2-4-6 1F
最寄駅:さがみ野駅 徒歩3分(提携駐車場あり)
地図・行き方